長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活

一番痛む頭痛

悩む女性

頭痛の中でも、最も痛みが強いと言われているものが群発頭痛です。患者の多くが男性で、目の裏が激しく痛みえぐられるような痛みを感じることが多いです。一度痛みを感じると1~2ヶ月は毎日痛みが続くようになります。1~2時間程度激しい痛みが続くことが多く、毎日同じような時間に痛みが現れます。春や秋など季節の変わり目に発症する人も多く、ある一定の時期を超えると痛みはなくなります。しかし、再度発生することも多く、痛みの激しい時期とそうでない時期との差があります。痛みは頭の片方だけに現れることが多く、眼の奥や周辺が痛みます。動くと痛みが紛れることから、この痛みを感じると動きまわることが多くなります。群発頭痛がなぜ起こるのか、原因はまだ解明されていません。しかし、アルコールが引き金になっているということが多く、飲酒後の40分から1時間程度に痛みが表れやすくなります。タバコも原因だとされていることが多く、気圧の変化なども関連があるのではないかと言われています。痛みが発生する仕組みとしては、目の後ろを通っている血管が拡張することで炎症が起こり、自律神経が刺激されて涙が出るという症状が出るのではないかとされています。

群発頭痛は、薬物を利用した治療と純酸素吸入法と呼ばれる手法で治療が行われます。純酸素吸入法は、純粋な酸素を吸入するという方法で、医療用のボンベから7リットルの酸素を15分吸い続けていくものです。酸素を吸入すると5分ほどで痛みは軽くなり、多くの人に効果のある方法です。また、純酸素吸入法と同時に行なわれるものが薬物療法です。発作が起きた際には皮下注射や点鼻薬、内服薬によって痛みを軽減させるという方法がとられます。市販されている鎮痛剤はあまり効かないことから、病院に行き治療薬をもらうことが必要です。群発頭痛は、痛みを感じる時刻がほぼ同じ時間で続くということから予測しやすい頭痛でもあります。発作のある期間中は薬や酸素ボンベを利用するという方法で、痛みを予防することが可能です。また、日常生活でも、痛みの続く期間はタバコや飲酒を控えることで痛みを抑えることができます。登山や飛行機などは気圧の変化で痛みを生じさせてしまうこともあるので、医師に相談して事前に痛みを抑えるようにしていくことが大切です。

Copyright© 2015 長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活All Rights Reserved.