長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活

一番多いタイプ

女医

日々の生活の中で頭痛の症状に悩まされるという人は少なくありません。男女問わず、頭痛で悩んでいるという人は一定以上います。頭痛はいくつかの種類に分類することが可能です。一番多いと言われているものが緊張型頭痛と呼ばれるものです。緊張型頭痛は、長時間デスクワークが続く人など、同じような姿勢をずっと取る人に起こりやすい頭痛です。主な症状としては、後頭部を締め付けられるような痛みを感じることが多く、肩や首が非常に凝っているという特徴があります。人によってはめまいの症状が起こることもあり、温めると楽になるという特徴があります。重い感じが長時間続くことから痛みがそこまで強くなくても不快な症状がなかなか取れません。精神的なストレスを抱えた際にも、緊張型頭痛が起こりやすいです。緊張型頭痛は、血行が悪くなることが主な原因です。同じ姿勢が続くことにより、首や肩の血行が悪くなり酸素や栄養分の供給が不十分になります。首や肩の筋肉が緊張することにつながり、頭痛が発生するという仕組みです。

緊張型頭痛は、ストレッチやマッサージが非常に効果的です。また、長時間同じ体制が続くという人は、定期的に身体をほぐすことやストレッチを行なうなどして、血流を良くしていくことが重要になります。肩や首を温めるということも効果的で、筋肉を温めることで緊張がほぐれていきます。首を左右に傾けることや回転させることも有効で、意識して休憩やストレッチを行なうことで症状を少しずつ改善させることができます。もし筋肉のこりが強いという場合は、痛み止めを飲むことで痛みを和らげることができます。しかし、痛みが毎日のように続いているという場合、鎮痛剤を飲み続けていると逆効果を引き起こすことがあります。痛みが続いているという人は、早めに病院に行き、薬を処方してもらうことが必要です。なお、ストレスが原因の頭痛の場合、抗うつ薬や抗不安薬が効果的なことがあります。これらの薬には、筋弛緩の働きがあるものがあり、この働きが痛みを和らげていきます。緊張型頭痛は、仕事の時の姿勢だけでなく車の運転や枕が合わないということや、身体の冷えも原因になることがあります。筋肉の緊張はなかなか気が付きにくいものですが、軽い運動を習慣化することで痛みを和らげることや予防になることがあります。ストレスを溜めないようにストレス解消を心がけて、気分転換を行なうということも非常に重要です。

Copyright© 2015 長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活All Rights Reserved.