長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活

女性に多い痛み

女性

頭痛の中でも女性に多い頭痛として知られているものが片頭痛と呼ばれるものです。片頭痛は月に1~2回起こるという人が多いですが、人によっては週に1~2回症状が出るということがあります。基本的に頭のどちらかが痛むということが多く、ズキズキする痛みやガンガンする痛みと表現されるような痛みを感じることが多いです。痛みがひどい場合は、吐き気というような症状が出ることもあります。また、他の頭痛と異なる点として、事前に前兆を感じる人も多いという特徴があります。目の前に光が現れ視界が見えにくくなるような場合や、手足がしびれる、感覚がなんとなく鈍くなるというような症状を感じる人がおり、前兆は、頭痛になる前に15分から30分程度続くことが多いです。前兆が収まると痛みが徐々に出てくるというものです。片頭痛は痛みを感じると、身体を動かすとさらに痛みが増すという人も多く、仕事や家事などが手につかなくなるという人もいます。光や音に敏感になり、さらに気分が悪くなるということも多く、痛みがひどくなります。頭痛が始まり1時間から2時間頃が痛みのピークと言われていますが、人によっては4時間ほど痛みが続くこともあります。偏頭痛の原因は、今のところはっきりしたものはわかっていません。何らかの原因で血管が広がり、炎症が発生して頭痛になるということが主な仕組みです。女性の生理周期に関係して片頭痛になる人も多いことから、女性ホルモンも何かしらの原因になっていると言われています。

片頭痛の場合、緊張型頭痛とは異なる対応が必要になります。緊張型頭痛の場合は、温めることが有効ですが、片頭痛では血管の膨張が問題になるので、反対に冷やすことが必要になります。入浴や運動も血管を広げてしまうことにつながるので、痛みを感じるときには避けることが必要です。また、動くと痛みを感じやすくなることから横になり休むことで症状が大きく改善します。偏頭痛は、痛みを強く感じるという人も多いことから鎮痛剤を飲む人も多いですが、痛みがひどくなってから飲むよりも初期の段階で痛み止めを飲む方が効果的です。普段からマグネシウムやビタミンなどを意識して摂取することで頭痛を改善させるということも可能です。片頭痛が続くと、日常生活や仕事に影響を与えることも多いです。一時的に休むと改善するものではありますが、頻繁に休んでしまうと、様々な悪影響があります。長く痛みが続くような場合や、片頭痛の頻度が多いというような場合は、病院で治療を受けることも大切です。

Copyright© 2015 長く続く頭痛を改善して脳リフレッシュ|NO痛みの健やか生活All Rights Reserved.